脱毛自己処理

  ▼脱毛学割!初月330円キャンペーン▼

 

学生が知らない脱毛自己処理のリスク

脱毛サロン学割

多くの学生はお金がない事もあり、カミソリや毛抜き、電気シェーバーでの脱毛処理をしています。

 

部活動をやっている高校性や、彼氏がいる学生などは頻繁に行う必要があり、
特に夏は毎日のようにワキの処理やビキニラインの処理を行っているかと思います。

 

しかしこの脱毛手法には相当な危険性が含まれているのです。

脱毛リスク

1、毛抜きのリスク
毛抜きでの脱毛は埋没毛の原因にもなります。埋没毛は毛の根本が埋もれるので、
黒い感じで残ってしまいます。

 

2、カミソリでのリスク
カミソリは結局肌を削ぐ行為に匹敵しますので、やはり肌には良くないです。
肌が赤くなったり、毛穴が削られることで老化の原因にもなります。

 

3、脱毛器によるリスク
脱毛器に関してはリスクは少ないと思いがちですが2点落とし穴があります。
1つは衛生面です。毎回の脱毛で菌もたまりますので、その処理を定期的に行えるかが1点。
もう1点は保湿液を自身で高価はものを購入できるかです。

 

保湿は実は多くの方が甘くみていますが、保湿をしないと老化の原因になります。
さらにいうとこの手の老化は中々お金をかけても回復しません。

 

ですから自身できちんと保湿できる方は別ですがそうでない人は、やはり脱毛サロンに通った方が良いでしょう。

 

サイトトップはこちら!

ムダ毛処理をしても黒いブツブツになる悩み

ムダ毛処理をするときはすごく憂鬱な気持ちになりませんか。私は毛が人よりも何倍も多かったため、ムダ毛処理にはいつも手を焼いていました。何度摘んでも何度摘んでも生えてくる毛に嫌になることもよくありました。ムダ毛に再生能力が無ければ良いのにと何度も思いました。そんなふうに嫌々ムダ毛処理をしていたので、一度に何本もの毛を抜く方法を身に付けました。
ですがその方法で脇をピンセットで除毛していると、気づけば脇の毛穴がブツブツになってきて、黒ずんできました。そうなると何度毛を抜いても綺麗にムダ毛処理ができなくなりました。初めはやり方が悪いのだと思ったのですがどのようにしても綺麗なワキにならないのでおそるおそるパソコンで調べて見ると「埋没毛」という状態だということが分かりました。埋没毛の原因は主に「毛抜き」での自己処理です。毛を根元から抜けずプチッと切れてしまった場合に中に黒い毛が残ったままになってしまう状態です。またカミソリでムダ毛処理していても色素沈着により黒くなることはあります。
ムダ毛処理はこのような問題が起こることがあるので雑な抜き方にはご注意ください。私のように面倒だからと雑に抜いていると肌荒れが悪化して治りにくくなってしまいます。除毛後にしっかりケアするか脱毛を行うかして埋没毛を治すようにしましょう。

 

脱毛自己処理